節約ができる住宅作りを望むならエアパス工法がおすすめ

夫婦
模型を持つ人

老後のことも考える

注文住宅は大阪でも人気があります。狭い土地でも工夫次第で、外観が大きく見えるような家を造れるからです。また、老後のことを考えて、最初からバリアフリーにするなど、いろいろと利便性を感じられる住まいにもできます。

太陽熱を利用したシステム

作業員

朝晩の寒暖差を快適に調整

最近の住宅は断熱効果を取り入れて光熱費を抑えることができるようになっています。断熱材を使った高気密で高断熱住宅が主流となっています。しかし夏場や冬場には効果を発揮しますが、朝と晩の寒暖差といった微妙な断熱効果を発揮することができないのです。そこで従来の高気密高断熱の家造りをさらに進化させたのがエアパス工法です。この工法を取り入れた住宅は多くの人から支持されており、今後の住宅造りの主流になっていきます。なぜエアパス工法を支持する人が多いかというと、実際に住んでみてエアコンの使用を最小限に抑えることができるからです。それによって電気代が節約でき、しかも寒暖差の大きい朝でも夜でも快適に過ごすことができるからです。

エアコンの使用率が下がる

エアパス工法というのは従来の断熱材や外壁を利用した工法とは違い、空気の流れを利用して室内を快適に保つ新しいシステムです。例えば冬などは昼間の太陽光を利用した熱を蓄えておき、夜になって気温が下がってきた時に放熱して室内全体を温めることができます。夏は冬とは逆で、昼間の暑い空気を夜になって外へ放出するので室内を涼しく保つことができるのです。太陽光の熱は屋根や外壁から屋内に取り込んで蓄えるようになっています。このようにエアパス工法では外気の温度を自由自在に操ることができるので、エアコンの使用も抑えることができるわけです。最近の住宅はフローリングがほとんどですが、素足では冷たく感じるのが欠点です。しかしエアパス工法を導入することで素足でも自然な暖かさを感じることができます。

男の人

建物との同時検討がカギ

茅ヶ崎で住宅建設をする際には、土地を探す事から始めます。それと同時に建築会社や業者を探しておくとスムーズに次の段階へ進む事ができるでしょう。また、同時検討すれば、土地と建物のバランスとく予算配分することができます。業者は、様々な住宅プランを提案してくれるので、積極的に相談しましょう。

住居

子育てしやすい街

藤沢市は小学生までの子供は、医療費が全額補償されるなど子育てのサポートが充実しています。入園・入学を機に藤沢市でマイホームを持ちたいという場合、すぐに入居する事ができる、中古一戸建てを選んでみるのも良いでしょう。